【公式1】 ‘四則で拾’の最小四桁数字

 ‘四則で拾’の最小四桁数字とは、四桁数字の4つの数字を使って四則演算した結果が拾(10)となる中で、加算値が最小のものを言う。

画像


 4つの数字の加算だけで拾になるのは加算値が10であるn(1234)やn(0028)等であるが、乗算が入ることによって加算値が7でも‘四則で拾’となる。

 加算値7で‘四則で拾’となる四桁数字のn(0025)、n(0133)を基本形とすると、その拡張形と言える6種類が存在する。
画像


 n(0025)とn(0133)を分解後、n(1123)で両者が同じになるのは面白い。n(0025)もn(0133)もどちらもn(1123)を根源として、そのバリエーションとも考えられる。

 加算値の小さい四桁数字が‘四則で拾’となるかどうかを素早く判定する為には、加算値が幾つであるかを調べればよい。6以下ならば本公式により‘四則で拾’にはならないのでそれ以上の追求はしない。7以上で初めて‘四則で拾’になる可能性が出てくるので、拾となる四則演算式を追求する段階へと進めばよい。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント