一休み

 第1章では‘四則で拾’の公式を述べた。鮮やかな1本の公式もあれば、寝技で1本の公式も、中には合わせ技で1本の公式もあった。しかしどれも‘四則で拾’の演算式を追及するには役立つのであえて公式とした。
 各公式の該当四桁数字の種類を以下に載せる。「公式毎の該当四桁数字(その2)」では、該当四桁数字欄の一番最後に記された合計数は、(その1)で既に記述された四桁数字(四桁数字欄で白抜き)を除いてカウントしてある。同様に(その3)では、(その1)と(その2)で既に記述された四桁数字を除いてカウントしてある。
画像

画像

画像

 各公式毎の該当四桁数字の合計数を集計すると、496種類になるが、その1~その3で共通する四桁数字があるのでそれらを除くと、111+77+100=288種類となる。
 この288種類が多いのか少ないのか?母体となる四桁数字が何種類有るか解らないので何とも言えない。
 第2章では、この母体となる四桁数字が何種類あるか?について調べる事とする。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント