【公式9】 三つの同数字と9からなる四桁数字

 公式2で述べた最大四桁数字n(9999)がこの公式に属する。公式2でも述べたが、この公式を知らないとこの四桁数字が‘四則で拾’になるとは思えない。

画像


 この公式が適用される四桁数字の中で加算値の小さいn(9111)やn(9222)は本演算式以外の
 9+1+1-1=11-1=10
 9×1+1×1=9+1=10
 9+2-2÷2=11-1=10
等の演算式で‘四則で拾’になる事を見つけられる。しかし、n(9333)~n(9999)では本公式を知らないと‘四則で拾’になるとは見抜けない。実は後述するが、n(9333)~n(9999)の四桁数字はn(9666)を除き‘四則で拾’となる演算式は本公式で示した演算式しか無いからである。因みにn(9666)の本公式以外の演算式は、
 6+(6×6)÷9=6+4=10
が存在し、本公式を知らなくても‘四則で拾’を判定出来る。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント