7.2 固有四桁数字別 ‘四則で拾’の数式(その2)

ⅴ) 「ある条件」の数式

<C1t-1タイプ>
 このタイプは「ある条件」(W1-8参照)のa+b=cから数字の1が3つ(逆数も含めると6つ)生成されるので触媒1(Catalyst1)に準ずるとして取り扱う。固有四桁数字<abcd>の関係式は
    (a+b)/c=1、d=9
    (c-a)/b=1、d=9
    (c-b)/a=1、d=9
この関係式を満たす固有四桁数字は下図に示す様に29種ある。
画像
ある条件のバリエーションを<3479>で説明する。
 3+4=7→(3+4)/7=7/(3+4)=1
           →(3+4)/7+9=10、
             7/(3+4)+9=10
 3+4=7→(7-3)=4→(7-3)/4=4/(7-3)=1
           →(7-3)/4+9=10、
             4/(7-3)=10
 3+4=7→(7-4)=3→(7-4)/3=3/(7-4)=1
           →(7-4)/3+9=10、
             3/(7-4)+9=10
 以上より6種類のバリエーションが発生する。

尚、<0229>や<2249>の様に「ある条件」の2つの数字が同じ場合は2種類減って4種類のバリエーションが発生する。

<C1k-1タイプ>
 このタイプは上に述べた「ある条件」(C1t-1タイプ)の発展形とも考えられる。「ある条件」の加算式(a+b=c)が「ある条件2」の乗算式(a*b=c)に変わったもので固有四桁数字<abcd>の関係式は
     a*b=c、d=9
この「ある条件2」から、以下に示す2つの‘四則で拾’となる数式ができる。
    (a*b)/c+d=10
    c/(a*b)+d=10
 この関係式を満たす固有四桁数字は下図の13種類がある。
画像
 しかし、<1119>~<1999>から発生する2つの数式は触媒1(C1-13)で述べた
  (n/n+9)*1=10
のバリエーション数式としても発生するので、実質的に「ある条件2」には<2249><2369><2489><3399>の4種類のみが存在する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント