8.5 非・‘四則で拾’の四桁数字一覧

 前節までは‘四則で拾’の固有四桁数字を中心に述べてきた。本節と次節では非・‘四則で拾’の四桁数字についてまとめる。非・‘四則で拾’の固有四桁数字は全固有四桁数字の24%、169種あると8.1節で述べた。この169種を派生四桁数字まで含めると何種類になるのだろうか?2.1節で数字構成が異なることにより‘四則で拾’で同一扱いされる四桁数字種数の違いについて述べた。以下に再掲載する。
画像

 これに従って一つの非・‘四則で拾’の固有四桁数字から全派生四桁数字を展開すれば非・‘四則で拾’の四桁数の総数が解る。結果を以下に示す。




ⅰ) ページ(00百台)
画像
画像







 
 
 

ⅱ) ページ(01百台)~ページ(03百台)
画像
画像








ⅲ) ページ(04百台)~ページ(09百台)
画像
画像






















ⅳ) ページ(11百台)~ページ(99百台)
画像
画像









 ⅰ)~ⅳ)に記された四桁数字を全数カウントする代わりに、ⅰ)~ⅳ)を数字構成別に集計し、最上段図に記された種数を掛けて非・‘四則で拾’の四桁数字(固有四桁数字+派生四桁数字)を計算する。
画像

 四桁数字(固有四桁数字+派生四桁数字)の総数は10,000種であるから非・‘四則で拾’の四桁数字(固有四桁数字+派生四桁数字)の1,925種は占有率19%となる。自動車のナンバープレート等、現実の世界で目にふれる四桁数字の5つの内1つが非・‘四則で拾’となる確率である。固有四桁数字の世界でみると、非・‘四則で拾’の固有四桁数字の占有率は約24%であったから、派生数字を含む四桁数字の場合には占有率が下がる。この理由は、非・‘四則で拾’の固有四桁数字は数字構成別で種数が多い4異数字の比率が低く、逆に種数が少ない4同数字や1異3同や2異2同数字の比率が高い為である。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント