4.7節 f(2)*f(5)型の攻略ポイント

 本型の数式は2数字で2となるf(2)と2数字で5となるf(5)との乗算式である。
 本型で‘四則で拾’となる全ての固有数字の数式を千ページ別に纏める。(これは第5章以降に記載されるコア数式を9分類した結果からf(2)*f(5)型のみを先取りして作成している。)

<千ページ別分布>
画像

 2数字で5となるf(5)が生成されるのは(9-4)が存在する4千ページまでなので、本型は0~4千ページのみに存在する。本型で‘四則で拾’となる固有数字は66種(9.2%)で、その中のオンリーワンは4種類である。本型のオンリーワン数式は2数字の演算式で構成されているので容易に発見できるので見逃すことは無い。
 上図を数式タイプ別に纏め直す。

<数式タイプ別分布>
画像

 本型のf(2)とf(5)全てを以下に示す。
画像

 上記以外に乗算の1*2、 1*5、除算の2/1、 5/1も考えられるがいずれも触媒1のバリエーション数式になるので削除される。
 f(5)別に纏め直す。
画像

 本型の‘四則で拾’となる数式探しに於いては種類の少ないf(5)を先ず探し、それが存在した時にf(2)が存在するかどうか?とアプローチした方が良い。

 以上より5*f(2)型の攻略ポイントを纏める。
画像


       第2編 ナンバープレートゲーム攻略法-目次-へ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント