第5章 ナンバープレートゲーム攻略法(0千ページ)

 第4章で述べたナンバープレートゲーム攻略法(数式型別)を使って、与えられた固有数字が‘四則で拾’であるかどうかを実際に調べることとする。
 0千ページの固有数字は0を除くと二桁、三桁数字なので‘四則で拾’の数式は容易に見つけられる。又、この数式は1千ページ以降でも現れる基本的な数式であるのでしっかり理解しておく必要がある。
 尚、4つの数字を使うf(2)*f(5)型と10n/n型の数式は0千ページには存在しない。

5.0節  ページP(00)の‘四則で拾’数式の攻略法
  2.1節 P(00)~P(09)の固有数字とコア数式一覧 のページP(00)部のコア数式を9つの型に分類して以下に載せる。 
画像

 以下に第4章で述べた加減型と2*f(5)型の攻略手順を載せる。手順の右端欄に、その型に属する固有数字を例として使って攻略手順を示してある。
画像

 ページP(00)に存在する55種類の固有数字に対して‘四則で拾’となる数式を持つ固有数字は6種類のみであり、その数式は加減型が5種類、2*f(5)型が1種類である。この6種類の数式から0を除いた数式は「2数字で10となる数式」と呼ぶことは既に4.4節 触媒1型の攻略ポイント で述べた。
 
画像

 最後に、ページP(00)の非・‘四則で拾’の固有数字への対応について述べる。
画像

 実際のナンバープレートゲームでは与えられた4数字を見て、‘四則で拾’となる数式が存在するのかどうかを、9分類の手順を順次使って調べるのであるが、上では答えを先に示してある。従って、ゲームの実践に備える為には手順をしっかりマスターして、4つの数字に対応して行く必要がある。そこで、各ページの最後に練習問題として、固有数字(全て非・‘四則で拾’としてある)と9分類の型名のみの一覧表を載せることとする。‘四則で拾’の固有数字かどうか、‘四則で拾’ならば何種類の数式が有るのかを調べて実践対応力をつけて下さい。

<練習問題>
 上に載せた攻略手順に従ってページP(00)の全固有数字に対する‘四則で拾’の数式を9型に分類してみよう。(答えは一番上の図を見ても良いが、図の右上にある<答え>をクリックすると最上段の図が裏画像として出てくる。) 
                                                    <答え>
画像



       第2編 ナンバープレートゲーム攻略法-目次-へ戻る

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント