2.4節 g(2)*g(5)型の攻略法

 g(2)*g(5)型は以下の2つの項の乗算式である。
   固定項=g(5)
   変動項=g(2)
 0千ページには4数字が無いので本型は存在しないし、5千~9千ページには
g(5)が無いので本型は存在しない。本型が存在するのは1千~4千ページである。

2.4.1  g(2)*g(5)型の全数式
 巻末に載せた第1編のおさらい(その6) 固有数字とコア数式一覧より
g(2)*g(5)型の全数式を千ページ別に纏める。
画像

2.4.2  g(2)*g(5)型の攻略法
 上図の全数式を g(5)を横軸に、g(2)を縦軸に揃えて整理する。
画像
 g(5)は6種類、g(2)は11種類なのでg(5)を固定してg(2)を探す。
   固定項=g(5)=(4+1) (3+2) (9-4) (8-3) (7-2) (6-1)
   変動項=g(2)=(1+1) (9-7) ~ (3-1) (4/2) (6/3) (8/4)
 2数字の加減算のg(5)を見落とさず、変動項のg(2)は(a±b)、
(a/b)なので確実に手順を踏めば、この追及は容易である。
画像

2.4.2  g(2)*g(5)数式が複数ある固有数字
 g(2)*g(5)型で複数の‘上り10’数式のある固有数字は以下の8種類が
ある。
画像

 上図の薄い黄色欄のg(5)は同じでg(2)が異なる場合、g(2)=(4-2)
とg(2)=4/2は一方から他方は容易に追及できるので一つと扱えられるが、
濃い黄色欄のg(5)が異なる場合は二種類と考えなければならない。しかし、
g(5)を二種類探すのはそれほど難しくは無いので丸暗記までする必要はない。
即ち、g(2)*g(5)型は二種類あると考えてg(5)を探すことを基本としてお
けばよい。

<目次へ>
前ページへ
次ページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント