第1編のおさらい(その7) ‘上り10’の特徴

 第1編のおさらい(その3) 公式集で述べた公式1~公式16に以下の公式17を追加する。

<公式17> 「2を含む4数字の固有数字は2257を除き‘上り10’」
 0千ページを除く(0を含まない)4つの数字がある固有数字の中で2のある固有
数字
    1112、1122~1129(11百ページの一部) :  9種類
    1222~1299(12百ページの全て)      : 36種類
    2222~2999(2千ページの全て)       :120種類
は165種類ある。第1編のおさらい(その6)で述べた固有数字とコア数式一覧より
これらの固有数字は‘上り10’数式の固有数字が殆どで、非・‘上り10’の固有数
字は1112、1122、2257のみである。この中で1112と1122は公式1
「加算値が6以下は非・‘上り10’」で容易に判るので、丸暗記しておくのは2257
のみである。数字の2はナンバープレートゲームでは魔法の働きをする、優れものであ
る。

 第1編のおさらい(その3)公式集で述べた公式で‘上り10’と追及できる固有数字は
288種(40%)と述べた。詳細を省略するがこの公式17で新たに‘上り10’と
判定できる固有数字は52種類増えて340種類となるが全固有数字715種の48%
にしかならない。

<特徴1> 「最大の‘上り10’数式を持つ固有数字は2348」>
 第1編のおさらい(その6)で述べた固有数字とコア数式一覧 より、最大のコア数
式を持つのは<2348>で12種類もある。具体的には
   (8+2)*(4-3)  触媒1型
   2*(3+8/4)    2*f(5)型
   (4-2)*(8-3)  g(2)*g(5)型
   (4/2)*(8-3)   g(2)*g(5)型
   (8/4)*(3+2)   g(2)*g(5)型   
   (3*4+8)/2    10n/n型
   (3*8-4)/2    10n/n型
   (4*8-2)/3    10n/n型
   8+(4+2)/3    3数除算型
   (8-4)+2*3   2数乗算型
   3*(4+2)-8   3数乗算型
   3*(8-4)-2   3数乗算型   
 更に、数式の型は5*f(2)型と加減型と2数除算型を除く7種類もあり、これも全固有
数字の中で最大である。このバラエティに富んでいる理由は4異0同 数字である事と
数字の2がある為だろうか?又、5.3.10の10n/n型で述べる様に、サンドイッチ作
りで2種類、羊羹作りで1種類の数式が存在するのものもこの為だろう。<2348>の
覚え方は、5.3.10で述べるが、「兄さん(23)酔っぱ(48)らって2種類のサンドイッ
チと1種類の羊羹を食べた。」である。
 注)数式の型が7種類ある固有数字は<2348>の他に<2346>がある。但し
<2346>のコア数式数は9種類で<2348>に比べると3種類少ない。
 因みに、2番目に多いコア数式を持つ固有数字は<2246>と<2468>で共に
10種類ある。

<特徴2> 「バリエーション数式を含む最大の‘上り10’数式を持つ固有数字は?」>

 触媒0を含む場合:<0128><0137><0146>で38種
画像


 触媒0を含まない場合:<1459>で25種
画像

 

<特徴3>


<目次へ戻る>
前ページへ
次ページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント