2.3節 2*f(5)型の攻略法

 2*f(5)型は以下の2つの項の乗算式である。
   固定項=2
   変動項=3数字で5となるf(5)
数字2は0千~2千ページに存在し、3千~9千ページには存在しない。この為、2*f(5)型も0千~2千ページのみに存在する。
2.3.1 2*f(5)型の全数式
 変動項の詳細を調べる為に、巻末<付録>に載せた「テンパズル数式の数式型別一覧(千ページ毎)」より2*f(5)型の全数式を千ページ別に纏める。
画像
2.3.2 2*f(5)型の攻略法
 上図を更に、変動項の数式型別に調べる。
1)加減型
画像
 以下のように整理される。(1st、2nd、3rdとは第1位、2位、3位数字のこと)
  ±(1st±2nd)±3rd=5
 この攻略法は、第1位数字と第2位数字の加算値(A)と減算値(B)を頭に入れ、残り第3位数字とAの加減算で5となるか?又はBの加減算で5となるか?を追及する。
 第1位数字と第2位数字の減算値(B)が第3位数字の減数になる場合があることに注意すれば、この追及は容易である。
2)2数除算型
画像
 以下のように整理される。
  c±a/b=5
 この攻略法は、整数となるa/bを見つけ、それとcとの加減算で5となるか?整数となるa/bを見落とさなければ、この追及は容易である。
3)2数乗算型
画像
 以下のように整理される。
  ±a*b±c=5
 この攻略法は、14以下となるa*bを見つけ、それとcとの加減算で5となるか?14以下となるa*bを見落とさなければ、この追及は容易である。
4)3数除算型
画像
 以下のように整理される。
   (a+b)/c=5
 この変動項は15/3=(9+6)/3=(8+7)/3のみなので丸暗記した方が良い。実は、3数除算型で5となる数式は上の2種類の他に
  (9+1)/2、(8+2)/2~(5+5)/2
が存在するが、式全体は2×(9+1)/2=(9+1)×(2/2)となり、除算触媒1なので省略される。

 以上より、2*f(5)型の攻略法を纏める。
画像
2.3.3  2*f(5)型が複数ある固有数字
 以下に、2*f(5)型のテンパズル数式を複数持つ固有数字を纏める。
画像
 0千ページでは0と2を除くと残りは2数字となり、変動項は加減算のみで複数数式を持つ固有数字は無い。1千ページと2千ページではテンパズル数式が3つあるのは<2234>のみと覚えておけば、二つ見つけた時点で追及を終了できる。尚、二つの2数除算で10となる固有数字が有るので要注意。<2226>と<2336>

2.3.2と2.3.3を合わせて2*f(5)型の攻略法を纏める。
―――――――――――2*f(5)型の攻略法――――――――――――――――
2を除く残り3数字で5となる変動項f(5)は数式数が多い順に追及する。
ⅰ) 加減型
  地道に±(1st±2nd)±3rd=5を追及する。複数数式の固有数字は無い。
ⅱ) 2数除算型
  整数となる2数除算を全て見つけてc±a/b=5を追及する。
  複数数式を持つ固有数字が有るので要注意。
ⅲ) 2数乗算型
  14以下の2数乗算を見つけて±a*b±c=5を追及する。
  複数数式の固有数字は無い。
ⅳ) 3数除算型
  15/3=(9+6)/3=(8+7)/3のみなので丸暗記しておく。
  複数数式の固有数字は無い。
ⅰ)~ⅳ)進める過程で三つのテンパズル数式を持つ<2234>を除き二つ見つけた時点で追及を終了できる。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――

<豆知識>テンパズル数式の最大の固有数字は何か?
答えは巻末の<付録> 公式によるテンパズル攻略法公式2参照

<目次に戻る>
前ページへ
次ページへ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント